登録団体近況

 

石巻市NPO支援オフィスに登録いただいている市民団体様の近況をお伝えしています。

 

◆登録番号: 54

◆団体名: 特定非営利活動法人 いしのまき環境ネット

◆近況: 現在の活動としては、EMを活用した土壌改良、平成21年から植樹活動、平成23年から植樹のための苗木育成などを中心に行っています。

◆調査日: 平成26年5月20日

◆HP: http://ishi-kankyonet.org

 

 

◆登録番号: 3

◆団体名: スマートシニアいしのまき 

◆近況: 週に2回(火・金)西山町の山下会館で健康マージャンを行っています。指先を動かすことで老化防止にも役立つということで、現在は会員60名ほどで希望者が待っている状態です。

◆調査日: 平成26年5月21日

◆HP: http://www5e.biglobe.ne.jp/~t_884/index.html

 

 

◆登録番号: 95

◆団体名: 特定非営利活動法人 よりそって石巻

◆近況: 石巻祥心会の仮設住宅で、月1回程度サロンを兼ねたコミュニテイカフェを行っています。ゲームや作品制作をしたり、京都や大阪の個人的なつながりでの支援物資でお茶を飲んだりなど、去年はクリスマス会も行いました。以前のような活動はまだできていません。

◆調査日: 平成26年5月22日

 

 

◆登録番号: 85

◆団体名: PTA連絡協議会

◆近況: 今年5月に、石巻市NPO支援オフィスがある施設の3階に引っ越しました。

現在会員は石巻市内の60の小中学校のPTAです。震災後、雄勝地区と北上地区では生活の基盤が崩れて定住先が決まっていないためPTA活動が出来なくなっているため、再編を予定しています。

今後の活動としては、8月に大崎地区との交流会、10月に研修会を予定しています。

◆調査日: 平成26年5月23日

 

 

 

◆登録番号: 66

◆団体名: 特定非営利活動法人 アニマルクラブ石巻

◆近況: 震災後2年間、イオンの動物病院に間借りしていた不妊センターが、去年の8月から元の場所で出来るようになった(火・木)

1か月に1度程、東中里の住宅相談センターさんで、動物の里親探し会を開催している。

震災前は20人くらいのボランティアがいたが、震災後は15名程になり、普段は学生を含む5.6人が活動している。

震災後、癒し目的で動物を飼ったものの、生活苦や心の病で手放す人も多く、対応で忙しい。また、被災者だからと無料に慣れてしまってお金を払ってもらえないなどもあり、会の収入にはなかなか結びつかない。

今後も自分たちのキャパに合った活動をしていきたい。

◆調査日: 平成26年5月23日

◆HP: http://a-c.sub.jp/

 

 

 

◆登録番号: 29

◆団体名: 石巻市民合唱団

◆近況: 年1回の市民合唱祭や、第九オーケストラ合唱に参加しています。

現在会員数は25名で、うち男性は4名で圧倒的に女性が多いです。

震災後は一時的に会員が減りましたが、今は新しい会員も増えて震災前と同じくらいになりました。年齢的には高齢化の傾向にあるので、若い人の参加を希望しています。

発表の場は市民会館から遊楽館に変わった。2011年以降行っていない定期合唱祭を開くのを目標にしています。

◆調査日: 平成26年5月29日

 

 

◆登録番号: 117

◆団体名: がんばろう!石巻の会

◆近況: 地域の希望になることをしていこうと2011年3月より、門脇・南浜のがんばろう看板の前で、花を植えたり、灯火を灯したりしています。

今年もひまわりを植えたり、七夕の吹き流しを飾ったり、門脇地区が整備されるまでの期間にできることをしていきます。

◆調査日: 平成26年5月22日

◆HP: http://gannbarouishinomaki.jimdo.com/

 

 

◆登録番号: 135

◆団体名: 特定非営利活動法人 まきばフリースクール

◆近況: 不登校、引きこもり、発達障害等で生き辛さを抱える子ども、青年と家族支援、社会的養護の活動をしている。拠点は栗原市にあるが、需要もあり、被災検眼部の子ども、青年たちへの訪問支援も始めている。

◆調査日: 平成26年5月24日

◆HP: http://1st.geocities.jp/makibafreeschool/public_html/

◆ブログ: http://blog.canpan.info/makibafree/ 

 

 

◆登録番号: 特定非営利活動法人 ジョイフル網地島

◆団体名: 122

◆近況: 今年の4月にNPO法人格を取得し、緊急雇用で6月から2名の職員を雇用、住民全体の島おこし活動を実施する。震災後、人口の減少や高齢化が進み、漁業従事者も減っているので、島の魅力を発信し、若い世代の漁業従事者を発掘し、さらなる産業を興したい。

廃校を活用し「島の学校」を開設。夏休みなど県内外から合宿所に活用され、自然との共生、子どもの自主プログラム、教職退職者による指導など、好評を得ている。

◆調査日: 平成26年5月26日

◆ブログ: http://ameblo.jp/joyful-ajishima/

 

 

 

◆登録番号: 特定非営利活動法人 まちの寄り合い所うめばたけ

◆団体名: 108

◆近況: 市民協いしのまきハウスを拠点として、こども図書館の運営や、月2回のコミュニティカフェ・各種教室などを行っている。会員数も少しずつ増え、また地域にも根ざしている実感を感じている。

今後は若年層や中年層向けのイベントを増やし、幅広い世代の集まれる場を目指す。

◆調査日: 平成26年5月29日

◆HP: http://umebatake.org/

 

 

◆登録番号: 132

◆団体名: 放課後こどもクラブBremen

◆近況: 学習支援とあそび支援を行っている。対象は小学生から中学生で、稲井地区と湊地区の学童は、午後2時から午後6時まで送迎付きで預かっている。学校の行事などチェックして、生きた支援を心がけている。

チャンスフォーチルドレンの協力団体になったので、子供たちに少しだが助成できるようになった。

今後は同じような活動をしている団体と協力していきたい。

◆調査日: 平成26年5月30日

◆HP: http://bremen.vpweb.jp/

 

 

◆登録番号:17

◆団体名:地域・国際貢献サークル フォーラ夢

◆近況:Roling Press発行

     石巻圏・元気つなごうフェスティバルのフリーマーケット部門運営

     会員数が減少しているので今後の課題と思っている。

◆調査日:平成26年6月29日

◆HP:http://forum11.blog.fc2.com/



◆登録番号:5

◆団体名:石巻を考える女性の会

◆近況:石巻在住の女性が中心となり、街を元気にする活動をしています。今後は「復興の一助となる活動」と、石巻を「明るく、楽しく、住みよい街にする」活動を考えています。現在は会員数の減少が課題です。

◆調査日:平成26年6月2日

◆HP:http://jyoseinokai.jimdo.com/


 

◆登録番号:116

◆団体名:一般社団法人 みらいサポート石巻

◆近況:石巻観光協会と協力して語りべを、街なか創生協議会と防災連携を、地域づくりとしての仮設住宅自治会連合会への協力を行っている(自治会連合会は中心となる部分を社協へ引継いだ)

外から来たスタッフが多いので、落ち着いて帰る者もあるが、大きな変化はない。

去年の7月、拠点近くに「つなぐ館」を建て、震災の写真や資料を展示している。

地域の課題は変化しているので、常に対応していける団体でありたい。そのためのスタッフ対応としては、個人で1年間の活動計画を作り、各自自由に動けるようなシステムにしている。

◆調査日:平成26年6月

◆HP:http://ishinomaki-support.com/



◆登録番号:104

◆団体名:Thursday Night Lonlyhearts Club

◆近況:週1回ゲストを招いて石巻市中央公民館を拠点に活動している。

     支援オフィスが定例活動にも会議室の活動が可能になるといいと思う。

◆調査日:平成26年6月2日



◆登録番号:106

◆団体名:特定非営利活動法人 石巻復興支援ネットワーク

◆近況:ママカフェ(cafe butterfly)、石恋、女性人材育成スクール、復興コーディネート(起業)、仮設住宅を中心とした地域コミュニティ作り(市民農園・プレーパーク)復興応援グッズ販売(ハンドメイドアクセ、防災リュック、応援ソングCD)など多くの活動をしている。
今後は、継続のための資金繰りや、地元の人材で活動を回せる仕組み作りが課題。

◆調査日:平成26年6月11日

◆HP:http://yappesu.jp/



◆登録番号:33

◆団体名:石巻 絵本とおはなしの会

◆近況:石巻市図書館を活動拠点として定期で釜小などへ読み聞かせを行っている。

     会員数の減少のため、これ以上減ったら活動の在り方を変更するかもしれない。

◆調査日:平成26年6月12日


 

◆登録番号:68

◆団体名:スワン国際協力の会SWAN

◆近況:震災後は主に石巻、女川、気仙沼の人々と支援活動をしている。石巻や東松島に花畑を作ったり、仮設住宅に鉢植えの花を寄贈している。

世界の貧困に直面する国や人たちについて講演会やフェアトレード商品の紹介等している。

今後はもっと世界情勢について学んだり、具体的な支援をしていきたい。

◆調査日:平成26年6月13日

◆HP:http://ameblo.jp/swan20110311/


 

◆登録番号:65

◆団体名:特定非営利活動法人 フェアトレード東北

◆近況:独居高齢者を対象にしたソーシャルファーム事業を行っている。巡回の事業が3月で終了してしまった。今後はコミュニティ作りにとどまらない、新たな可能性を創造していきたい。

◆調査日:平成26年6月14日

◆HP:http://ft-tohoku.org/



◆登録番号:71

◆団体名:フットケアサークル スマイルハート

◆近況:仮設住宅集会所や地域の集会所などで活動している。

「ベビスマ子育てフェスタ2014」で子どもの観足をしたが、やはり子どものうちから足もみで健康に成長してほしいので、今後は活動対象に子どもも入れたいと思う。

◆調査日:平成26年6月14日


 

◆登録番号:83

◆団体名:石巻観光ボランティア協会

◆近況:現在は、日和山のゴミ拾い、バスツアーの語り部ガイド、祭り時の観光館内を中心に行っている。語りべとして正確な情報を提供するために、定期的に研修や情報のすりあわせなど、市や消防と協力しながらおこなっている。視察に来た人たちの防災に役立つよう心掛けている。

石巻には自慢できる文化がたくさんあるので、早く本来の歴史文化の活動について伝えられるように復興してほしい。

◆調査日:平成26年6月19日

◆HP:http://www.i-kanko.com/archives/1445


 

◆登録番号:99

◆団体名:水と緑の環境フォーラム ものう

◆近況:桃生町で夏の川遊びと、初冬の川ガニを食べながら北上川を語る活動のほか、リバーフレンド団体として、地元のエリアでの船着き場の泥除け・川清掃活動、稚魚の放流などに協力している。

退職した教員の会員が多く、平日の清掃活動も参加できる。

イベント時に手伝いをしてくれるボランティアさんを募集している。

◆調査日:平成26年6月24日



 

◆登録番号:28

◆団体名:まんぼう画会

◆近況:中央公民館で絵画研修を中心の活動をしているが、来年の3月まで公民館が使用できないので会場探しに苦労している。

新入会員が少なく、会員数が減っている。

◆調査日:平成26年6月



◆登録番号:30

◆団体名:石巻童謡愛好会

◆近況:練習場所として使用していた中央公民館が補修工事のため、9月~3月まで使用できなくなる。その期間はアイトピアホールを借りられることになった。

7月に石巻児童館で交流会を行ったり、8月は恒例の和香園での交流会、10月は市民合唱祭にも参加予定。

会員は減ったり増えたり、最近見学者があったので期待している。

◆調査日:平成26年6月30日



◆登録番号:25

◆団体名:シニアのためのネットワーク石巻

◆近況:震災前は市立病院の案内ボランティアをしてきたが、今は年10回の役員会や総会、スポーツ大会や会報の発行など、つながりを維持させるための活動をしている。また、社協と協力して、ボランティアや研修、セミナーなどの参加を中心に活動している。

駅前に病院が出来たら活動を再開するので、若い世代への引き継ぎも含めて、再開した時きちんと活動ができるように準備しているところ。

◆調査日:平成26年7月8日



◆登録番号:100

◆団体名:特定非営利活動法人 DoTankみやぎ

◆近況:復興支援を中心に、人材育成やカウンセリング、会報誌やmapなど発行している(石巻人・石巻まちなかmap 他)

復興のレールに乗れない弱者の方の支援を行っていて、今後しばらく継続予定。その時々の復興に応じた支援を行っていきたく、コミュニティ形成や既存のコミュニティとの融合、自立支援など考えている。

課題としては、活動資金の問題があるので、収益事業なども考えていきたい。

◆調査日:平成26年7月14日

◆HP:http://www6.ocn.ne.jp/~eco/DoTank.html



◆登録番号:123

◆団体名:特定非営利活動方法人 ワーカーズコープ

◆近況:地域若者サポートサポートステーション事業として、15~39歳の、働くことに困難を抱えている方などを対象に、相談を中心とした就労支援、コミュニケーションセミナー、就活セミナー、社会人入門セミナー、ジョブトレーニングなど、就労に向けた各種支援プログラムを実施してす。

今後の課題としては、周知広報の方法や、ボランティアスタッフの確保があげられる

◆調査日:平成26年7月

◆HP:http://ishisapo.roukyou.gr.jp/


◆登録番号:128

◆団体名:チームわたほい

◆近況:被災者の方々が元気になれるようなイベントを開催したり、送られた物資を被災者に届けるなどや、お墓参り・病院送迎なのお手伝いをしています。

わたほい基地内に木製のモニュメント”虹の架け橋”を製作

◆調査日:平成26年7月

◆HP:https://ja-jp.facebook.com/teamwatahoi


◆登録番号:45

◆団体名:特定非営利活動法人 パソコンママネット

◆近況:創立から10周年を迎え、去年は「パソママまつり」を行いました。多くのみなさんからIT関連の支援やアドバイスなどをいただけました。

通常講座は震災からの3年が経ち、平常に戻ってきたがまだまだニーズは高いので継続していくつもりです。

◆調査日:平成26年7月

◆HP:http://www.pasomama.com/

 

◆登録番号:139

◆団体名:特定非営利活動法人 にじいろクレヨン

◆近況:子どもの居場所づくり、仮設住宅の集会所、近隣の小学校のグランドを借りて子どもの遊び場を運営している。

震災直後は避難所での活動だったが、仮設住宅が普及してからは仮設住宅内の集会所、近隣の小学校で活動しています。

今後の課題としては、地域での子どもを見守るコミュニティ作りをテーマに活動を石巻の人々により知っていただき、協力していただけるよう情報を発信していきたい。

◆調査日:平成26年9月

◆HP:http://nijiiro-kureyon.jp/


◆登録番号:131

◆団体名:特定非営利活動法人 お茶っこケア

◆近況:障がい者・高齢者ディサービス「よってがいん」を運営しています。民家を使った小規模事業所で一人ひとりに合った過ごし方ができる家庭的な雰囲気を大事にしています。

◆調査日:平成26年9月

◆HP:https://ja-jp.facebook.com/YottegainWatanoha

※準備中 

 

◆登録番号:

◆団体名:

◆近況:

◆調査日:

◆HP:


月刊 んぽん舗最新号

◆Facebookはこちら

◆twitterはこちら

◆blogはこちら